ボルダリングでの保持力アップ方法!やはりダイエットは必須?

92h-1

保持力ってなんだ?

ボルダリングに通っているとイヤでも耳にする言葉「保持力」。具体的にボルダリングでよく言われる保持力とは、長時間ぶら下がっていられる指の保持力の事です。ボルダリングの上達にはこの保持力をアップさせる事がとても重要です。保持力はボルダリングを楽しんでるといつの間にか強くなっているものですが、ジムで楽しんだ後に5分トレーニングの時間を余分に使うことで、さらなるレベルアップができますので是非試してみてください。


スポンサードリンク

保持力トレーニング「ぶら下がり」

ジムでボルダリングを楽しんだ後、疲れた体に鞭打って、少し壁にのぼって下さい。ある程度の高さまで登ったら、つかみやすいフホールドに指をかけ、しっかり固定したらそのまま足を外し、ぶらさがって下さい。落ちると危ないので、体の固定に自信のない方は、ぎりぎりぶら下がれるくらいの高さですると、安全です。

始めはつかみやすいホールドを選んでぶら下がり、その後はできるだけ色々な種類のホールドにぶら下がって下さい。もう駄目だと思うまでぶら下がるのが、保持力アップの秘訣です。ただぶら下がるだけのトレーニングですが、効果はかなり高いです。

体重ってやっぱり軽い方がいいの?

最近自分の重さを痛感しているので、ボルダリングと体重についても書きたいと思います。ボルダリングは体重が軽い人の方が有利なスポーツだと言われています。ボルダリングの解説をしているサイトなどの記事には、軽い人の方が少し有利かもしれないけど、それほど気にする事はないですよと書いている記事が多いです。

しかし、私は本当の事をきちんと言いたいと思います。「体重は軽い方が確実に有利だ!」と。実際ジムに行くと、そんなに太った人はあんまりいなく、いつも私がおそらくこの空間の中で最重量級だなと思い知らされます。同じ課題なのに私は15キロのお米を背負いながら登ってるようなものです!60キロ以上の人は、今より高いグレードをクリアするにはダイエットが必須だと思います。


スポンサードリンク

簡単で無理のないダイエット方法をしりたい!

年頃の女の子みたいな事を言ってしまいましたが、私は食べることが好きで、走ったりもあんまり続かない性格なので、無理なく続けれるダイエット方法を調べてたのですが、今のところ、これだ!というものに巡り合ってない現状です。

筋トレでいちばんダイエットに効果があるのはスクワット!

キャベツダイエットや、骨盤ダイエットなど、効果があるダイエット方法がどれなのかは、まだ調べている途中ですが、筋トレでいちばんダイエット効果があるのはスクワットです。スクワットの脂肪燃焼効果は筋トレの中でも群を抜いていて、スクワット1回の消費カロリーは腹筋100回分と同じくらいだと言われています。スクワットの詳しいやり方や効果などは、また後日ブログで紹介します。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする