TAKAみちのくがKAIENTAI DOJO取締役解任と退団発表!昨年発覚の不倫問題で責任取ることに

3

19日(土)に、プロレス団体KAIENTAI DOJOが会見を開き、取締役のTAKAみちのくを1月30日付で取締役解任と退団すると発表した。

昨年11月に不倫問題が発覚し、報酬カットの処分を受けていた。

創業者の退団にファンからはさまざまな声が聞かれている。


スポンサードリンク

TAKAみちのく

高校でレスリングを学び、卒業後ザ・グレート・サスケと共にユニバーサル・プロレスリングに入団。入門3ヶ月後の1992年9月4日後楽園ホールでデビュー。

1993年、みちのくプロレス旗揚げと共に移籍。

1997年4月27日パンクラスに参戦し山宮恵一郎と対戦。みちのくプロレスを退団し、メキシコを主戦場に活動する。その間ECWの興行にも参戦しアメリカデビューを果たすと、WWFへの移籍がほぼ決まっていたグレート・サスケのテスト試合の対戦相手として呼ばれることに。その試合でTAKAの方が気に入られてしまい、WWF(現:WWE)と契約することになる。

WWEで活躍し人気をはくすと、2000年、プエルトリコにKAIENTAI DOJOを設立し生徒を募集する。2002年、WWFの日本興行出演を最後にWWFを離脱。千葉県にKAIENTAI DOJOを設立し、4月20日ディファ有明にて旗揚げ戦を行った。

2011年5月3日には、鈴木みのると結託し鈴木軍を結成した。


スポンサードリンク


不倫問題

昨年11月、週刊誌に不倫を報じられた。

独身女性のAさん(40)が、週刊誌にTAKAみちのくとの約8年にわたるドロ沼不倫を暴露し発覚した不倫。

2007年12月に結婚を発表しているTAKAみちのくだが、Aさんと出会ったのは2011年。大阪での大会を観戦したというAさん。その試合で怪我をしたTAKAを心配し、mixiでメッセージを送ったのを機にやり取りが始まったという。そして、初めて会った日に誘われるがまま男女の関係になったとのこと。

これを受け、1年間の報酬100%カットの処分などを受けていた。

退団発表

1月30日付での取締役解任と退団を発表したTAKAみちのく。

会見に同席した十枝利樹会長は「TAKAには今回の問題で自分の責任を取って欲しい。その上で、もう1度この団体を盛り上げてくれと強く要請していた」と話した。

しかし、11月中旬ごろからTAKAから早く解任して欲しいとの要望があったという。今月初めになって、正式に自らの取締役解任と退団の申し入れがあり、団体内で経営会議や選手と何度も協議して結論を出したとのこと。

TAKAみちのくは「今月をもって退団することになりました。思い起こせば、プエルトリコで(団体を)立ち上げて19年。米国から帰って17年。この団体を終の棲家として理想のプロレスを掲げやってきた。TAKAみちのくがいるプラスより、いることによるマイナスを増やしてしまった。自分自身で招いた結果。悩みに悩み、ここで身を引くことが1番と自分で決めました」と話した。


スポンサードリンク