【動画】清水vs神戸が大荒れ!揉み合いに投げ飛ばし・GKのゴールなど大波乱にサポーター不満の声

4

24日(土)に行われた明治安田生命J1「清水エスパルス対ヴィッセル神戸」の一戦。近年まれに見る大荒れ試合となった。

負傷者や退場者が続出したほか、後半のアディショナルタイムが約19分にも及び、両チーム揉み合いになるという荒れっぷり。現地に駆け付けたサポーターからはブーイングの嵐が。大荒れになった試合を動画を交え紹介します。


スポンサードリンク

大荒れ試合

24日(土)に行われた明治安田生命J1「清水エスパルス対ヴィッセル神戸」の一戦。結果は3-3のドローで終わったが、大荒れの試合となった。

引き分け以上で残留が決まる神戸は終盤まで3-1でリードしていたが、後半38分にMF藤田直之が2度目の警告で退場。同42分に清水のFWドウグラスに決められて1点差になると、後半アディショナルタイム4分、清水のMF河井陽介がDF橋本和との空中戦で頭部を負傷。ピッチ上で治療が行われ、表示されたアディショナルタイム4分を大きく過ぎた8分、MF兵働昭弘が代わってピッチに送られた。さらに、交代枠を使い切っていた神戸もこのプレーで橋本が負傷し、2人少ない状況となるなど波乱に。

さらに、追加タイム14分に清水がGK六反のヘディングゴールで同点に。その後も試合は続き、後半アディショナルタイム15分を過ぎたころには、ピッチ脇で両チームの選手やスタッフがエキサイト。

神戸のウェリントンが2枚目のイエローカードを受けて退場を言い渡されると、主審に抗議し、仲裁に入った六反を投げ飛ばす暴挙に。


スポンサードリンク

動画

サポーターの声


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする