坂道AKB!乃木坂46と欅坂46がAKBシュートサインカップリングに参加!こじはる卒業曲

48

アイドル界で今やトップを走り、音楽業界でも数々の記録を打ち出しているAKB48。姉妹グループのSKE48・NMB48・HKT48も活躍を見せています。現在「豆腐プロレス」という女子プロレスを題材にしたドラマも放送中で、多方面で活躍するAKBグループ。

そんなAKB48の新曲発表がされました。しかし、カップリング曲のメンバー発表でどよめきが・・。ネット上では物議をかもしており、ファンは悲鳴を上げています。一体何が起きたのでしょうか。


スポンサードリンク

坂道AKBで発表ファン悲鳴

本日行われた握手会でAKB48の新曲発表がされました。3月15日発売の「シュートサイン」。この曲は、1期生である「小嶋陽菜」さんの卒業ソングです。

しかし、カップリング参加メンバーの発表でどよめきが起きました。なんと、公式ライバルグループとして活動する乃木坂46と欅阪46の参加が発表されたのです。彼女たちグループは坂道と呼ばれ、その人気は本家AKBグループを追い抜かす勢いとも言われています。

彼女たちは衣装などのスカート丈も長め、清楚なイメージで活動しています。その清楚なイメージや公式ライバルという立ち位置から、AKBとのコラボをよく思っていないファンも多いようです。


スポンサードリンク

坂道からの参加メンバーは?

カップリング曲のタイプは全部でABCDEと劇場版。坂道からの参加はこの「typeE」でAKB48選抜と坂道AKBの選抜メンバーでの楽曲になるようです。メンバーは次の通り。

安定的な人気メンバーが参加という印象ですね。しかし、2014年2月のAKB大組閣で乃木坂46中心メンバーの一人である「生駒里奈」さんのAKBチームBとの兼任が発表されたときもそうですが、やはり公式ライバルという立ち位置である以上、兼任させるのはどうなのか?という声が多数上がり物議になりました。今回の発表でファンの反応はどうなのでしょうか。

発表時のファンの反応

やはり納得できないという感じですね。。カップリング曲なのでメディアでの披露があるかどうかは不明ですが、こじはるさんの卒業ソングというよりこちらの方が話題になってしまっているという印象ですね。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする