リバース動画・あらすじ!キャスト相関図!湊かなえ原作が新ドラマで実写化!藤原竜也・戸田恵梨香等

159

新ドラマが始まる季節がやってきました!この春から始まる新ドラマが続々と放送を開始しています。

中でも注目なのは、14日から始まるTBS新金曜ドラマ『リバース』。あの「湊かなえ」さん原作の実写化ということで話題を呼んでいます。

キャストも実に豪華で、主演は実力派俳優の「藤原竜也」さん。

その藤原さんが、なんと地味で平凡なサラリーマンを演じるということで注目が集まっています。

一体どんなストーリーなのか。

予告動画も合わせて紹介します。


スポンサードリンク

リバース予告動画

まずはリバースの予告動画です。

あらすじは

深瀬和久(藤原竜也)は地味でつまらない冴えない男。有名大学を卒業しながらも普通の人生を送っていました。

いつもの仕事帰り、深瀬は行きつけのコーヒー店へ寄ると、懇意にしてくれている乾恭子(YOU)からの計らいで越智美穂子(戸田恵梨香)と運命的に出会います。

頼りない自分にも明るく接する彼女の姿に、いつしか深瀬は強く惹かれていきました。

そんな深瀬の自宅にある日「人殺し」という張り紙が・・。

-10年前-

大学のゼミ仲間5人とのスノボ旅行中、深瀬のたった一人の親友である広沢由樹(小池鉄平)が謎の死を遂げたのです。

5人は広沢の事故死の秘密を墓場まで持っていくという約束をしました。

その秘密を抱えたまま、深瀬は生活を送っていくことに・・。

ある日、深瀬が通った大学の教授の退官祝賀会を知らせる手紙が届きます。

広沢のことを思い出すのを恐れながらも深瀬は会場へ。

そこで10年前の旅行メンバーである、浅見康介(玉森裕太)・村井隆明(三浦貴大)・村井の妹明日香(門脇麦)の夫の谷原康生(市原隼人)らと再会します。

しかもその会場には広沢の母である昌子(片平なぎさ)の姿も。広沢の死後、8年ぶりに会う昌子に対し気まずさを覚える深瀬たち。

一方、そんな深瀬たちを遠巻きに見つめる一人の男、ジャーナリストの小笠原俊雄(武田鉄矢)の姿も。小笠原は、10年前に長野県警管轄で発生した広沢の失踪事件の担当刑事。退職した後ジャーナリストとなり、広沢の事故を調査していました。

10年前の親友の死が今、彼らを取り巻いていく・・

↓原作はこちら(クリックでAmazonに飛びます)


スポンサードリンク

相関図で見る

相関図を見ると実に複雑な感じですね。

武田鉄矢さん演じる小笠原が執拗に迫ってくるらしく、その攻防も見ものですね。

キャスト陣も実力派が名を連ね、ドラマの世界に引き込まれること間違いなしだと思います、原作が湊かなえさんということで、ストーリーの深さや結末も期待大なだけに大変楽しみなドラマですね。

注目して見たいと思います!

 ↓原作はこちら(クリックでAmazonに飛びます)


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする