【動画】ジャニーズ事務所が圧力否定・ファンの反応は?元SMAP”新しい地図”に応援の声殺到

4

元SMAPの稲垣吾郎さん・草なぎ剛さん・香取慎吾さんに対し、テレビに出演させないよう圧力をかけたとした、ジャニーズ事務所が公正取引委員会から注意を受けていたことが発覚。

17日(水)に、ニュース速報で報じられ大きな話題となっています。

しかし、これをジャニーズ事務所側が否定。

さらなる波紋を呼んでいます。


スポンサードリンク

ジャニーズ事務所圧力問題

2016年12月に解散したSMAP。

解散に関して、さまざまな噂などが出回りましたが、2017年9月、稲垣吾郎さん・草なぎ剛さん・香取慎吾さんの3人がジャニーズ事務所から独立。

しかしその後、3人それぞれがレギュラーを務めていた番組が次々終了し、その後3人はテレビから姿を消しました。

あまりにも不自然な状況に、ファンの間では「干された」「ジャニーズからの嫌がらせとしか思えない」「ひどすぎる」など、3人の活動に疑問の声が噴出していました。

これについて、ジャニーズ事務所がテレビ局などに対し、3人が番組に出演させないよう求めていた疑い浮上。

公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)につながる可能性があるとして、同事務所を注意していたことが明らかになりました。


スポンサードリンク


圧力を否定

この一連の報道に対し、18日未明ジャニーズ事務所がコメントを発表。

事務所側は「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません」と反論しました。

「調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したい」とはしているものの、圧力は否定。

あくまでもテレビ局側の忖度という姿勢に、ファンから怒りの声が聞かれています。


スポンサードリンク