元モー娘。吉澤ひとみ有罪!アル中疑惑も?懲役2年執行猶予5年にネットは「甘い」と厳しい声

1

30日(金)元モーニング娘。のメンバー吉澤ひとみ被告に有罪判決が出た。懲役2年、執行猶予5年だ。29日に行われた初公判では、起訴内容を認め涙を流し反省の言葉を述べた吉澤被告。

しかし、いまだに飲酒をやめていないなど、本当に反省してるのか?という声も出ている。ネットの声なども紹介します。


スポンサードリンク

吉澤ひとみ被告

吉澤は9月6日朝、東京都中野区を時速86キロで運転。さらに酒気帯びの状態で赤信号を無視して交差点に進入し、自転車で横断していた20代女性をはねてケガを負わせたほか、女性が接触した40代男性にもケガをさせ、その場を走り去った。

逮捕され、大きな話題となった事件だが、吉澤が嘘の供述をするなどし批判殺到。さらにその後、ドライブレコーダーの映像が公開されると、その悪質性から批判が高まっていた。

9月27日に保釈され、その際カメラの前で謝罪。その姿も話題に。

翌日の28日には、所属していた事務所を通じて芸能界引退を発表し表舞台から姿を消すこととなった。


スポンサードリンク


有罪判決

29日(木)吉澤被告の初公判が行われ、裁判官から起訴された内容に間違いないか質問されると、小さな声で「ありません」と述べ起訴内容を認めた。検察が詳しい経緯を説明し、当時の飲酒の状況について、事故の前の日の午後8時すぎから午前0時ごろまで、缶酎ハイや焼酎を飲んだと指摘。
また検察は、吉澤被告が調べに対し、「お酒が原因で信号を見間違えた。事故直後にパニックになり、走り去ってしまった」と供述したことなどをを明らかにした。

毎日のようにキッチンで飲酒していたという吉澤被告。初公判の数日前には、週刊誌に酒のつまみと思われるものを買い物をする姿もスクープされ、「反省してるのか?」との声も出ていた。

さらに、事件後も酒をやめていないことが判明。検察側から「完全にやめたわけではない?」と聞かれ「はい。急激に減っています」と旦那が証言。あれだけの事故を起こしておきながら断酒できていないことにも批判が出ている。

判決は懲役2年、執行猶予5年。通常だと2~3年ほどだというが、長い執行猶予となった。示談が成立しているが、もし示談が成立していなければ実刑だったと思われる。

ネットの声


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする