ワールドトリガーSQ移籍の理由は?連載再開にファン歓喜も移籍に不満の声

5

人気マンガ「ワールドトリガー」が約2年ぶりに連載が再開されることが発表された。さらに、月刊マンガ誌「ジャンプSQ.(スクエア)」に移籍されることも発表され、ファンが動揺の声を上げている。

作者の体調不良により休載されていたが、なぜ移籍するのか?ファンの声を紹介します。


スポンサードリンク

ワールドトリガー

葦原大介による、2作目となる連載作品。異世界からの侵略者ネイバーと防衛組織ボーダーの戦いを描くSFアクション。

「週刊少年ジャンプ」2013年11月号から連載がスタート。14年10月~16年4月にテレビ朝日系でテレビアニメが放送された。アニメは「ドラゴンボール」「ONE PIECE(ワンピース)」などの、東映アニメーションが制作した。
同作は、2015年ごろから作者の体調不良のため休載されていたが、48号で連載が再開。
11月26日発売の52号まで5号連続で掲載された後、月刊マンガ誌「ジャンプSQ.(スクエア)」に移籍することも発表された。


スポンサードリンク

SQ移籍発表

「ジャンプSQ.」では12月4日発売の2019年1月号から連載される。また、約1年9ヶ月ぶりとなるコミックス19巻が12月4日に発売される予定。

移籍の理由は明らかになっていないが、連載中の移籍は異例。

単行本2ヶ月連続刊行を行った際、過密スケジュールにより体を壊したと言われている。そのため、体調不良により移籍を決断したのか?担当者や編集部との折り合いがつかなくなったのではないか?という話しも出ている。

とはいえ公式発表されていないため真意は不明。連載再開に喜びの声も聞かれるが、移籍にファンも不満の声が上がっている。

ファンの声


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする