【動画】辻・加護がテレ東音楽祭にダブルユーで13年ぶり出演に「懐かしい」と反響

2

6月26日放送の「テレ東音楽祭 2019」に、元モーニング娘。の辻希美と加護亜依がユニット「W(ダブルユー)」として出演。

2人でのユニット出演は13年ぶりということで、当時のファンから「懐かしい」「辻加護は最強」と反響の声が上がっています。

動画を交え紹介します。


スポンサードリンク

W(ダブルユー)

辻希美と加護亜依がモーニング娘。在籍中に結成されたユニット。

2004年1月に、同年8月に2人がモーニング娘。を卒業することが発表され、この2人で新ユニットを結成する事も同時に発表されました。

その後3月にユニット名が「W(ダブルユー)」に決定。

ユニット名の由来は「双子じゃないのに双子みたい」。

「W」の語源である「DOUBLE U」にヒントを得て「YOU&YOU(あなたとあなた)」ということで付けられました。

同年5月に、ファーストシングル「恋のバカンス」をリリースしています。


スポンサードリンク


13年ぶりユニット出演

W(ダブルユー)は、2006年2月に加護の不祥事により謹慎処分に。

翌年、加護が契約解除されたことにより以降の活動はなくなっていました。

しかし、今年3月30日に開催された「ハロー!プロジェクト」のイベント「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project ひなフェス 2019」で、W(ダブルユー)が約13年ぶりに復活。

加護が感極まって涙する場面など、ハロプロファンにとって待望の復活となりました。

そんな2人が、6月26日放送の「テレ東音楽祭 2019」にユニットとして13年ぶりに出演。

当時のファンから「懐かしい」「やっぱこの2人は最強」と大きな反響を呼んでいます。

動画


スポンサードリンク