【速報】貴乃花親方退職届提出の理由は?いじめだと相撲協会に批判殺到!

4

大相撲の貴乃花親方(元横綱)が日本相撲協会に退職届を提出したことが25日分かりました。

日馬富士の傷害事件を巡る一連の対応で相撲協会と対立していた貴乃花親方。ツイッターではいじめだと協会に批判が殺到しています。


スポンサードリンク

退職届提出

貴乃花親方が報道各社にFAXを送信。

「本日、公益財団法人日本相撲協会に対し、年寄を退職させていただく旨の退職届及び貴乃花部屋に所属する弟子、床山、世話人全員について所属先を変更させていただきたい旨の変更願いを提出いたしました」と報告した。

24日のブログでは、秋場所を千秋楽まで迎え、関取3人が皆勝ち越したことを報告。

最後に「皆様長らく貴乃花を応援してくださりありがとうございました。厚く御礼申し上げるとともに、弟子たちを今後、末永く応援賜りますように何卒宜しくお願い申し上げます」とつづった。これが相撲協会を退職することを示唆するような文面となっていることから、退職の噂も上がっていました。


スポンサードリンク


暴力問題

昨年10月には横綱日馬富士関による暴行問題が起こった。

貴乃花親方の弟子である貴ノ岩関が日馬富士から暴行を受けたとして、被害届を提出。この対応を巡って協会と長期間に及び対立していた。

この時の協会のあり方に世間でも相撲協会に批判が。その後も何かと話題になった協会と貴乃花親方。今回の退職にも疑問の声が上がっており、いじめだと批判殺到しています。

理由については夕方会見で語られるようです。

協会批判殺到


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする