藤村俊二さん死去の原因は?おヒョイさんの病気や死因は?生前の活躍などを調査しました。

53

この度、藤村俊二さんが死去されたと速報がありました。おヒョイさんの相性で広く親しまれていた方だったので、日本中が悲しみにくれています。藤村さんは、1月25日水曜日、20時45分ごろに、入院先の都内の病院で、心不全で死去されました。藤村さんの生前の活躍など調査しました。


スポンサードリンク

突然の訃報でした

2016年1月25日に、都内の病院で心不全のため、82歳で藤村さんは亡くなりました。藤村さんは、原因不明の体調不良でおととし10月末ごろから、入退院を繰り返していました。

2011年10月から担当していた、日本テレビ系の「ぶらり途中下車の旅」のナレーションを2015年10月に降りてからは、療養生活をおくっており、一時引退説もとびかっていました。降板する際に、どこが悪いというわけではないが、思うように仕事ができないまま皆様の前に姿を見せたくないと話していたそうです。

おヒョイの由来は?

藤村さんが「おヒョイさん」と呼ばれた由来は、当時大人気だった「ザ・ドリフターズ」の番組「8時だよ全員集合」での出来事がきっかけでした。同番組では、オープニングで「エンヤ~コ~ラヤ~」という民謡をアレンジした振りつけが今でもお馴染みとなっています。藤村さんはこの番組でエキストラとしての出演を求められましたが、これがイヤで「ヒョイッ」と逃げた事から、おヒョイさんと呼ばれることになったようです。


スポンサードリンク

藤村さんの私生活

藤村さんは芸能活動の一方で、南青山で「O,hyoi.s」というバーを経営していました。しかし、2010年12月に閉店しております。私生活では、1961年9月に結婚されており、お相手は元日劇ダンサーの女性です。その女性との間には1男1女が産まれましたが、1995年に離婚されています。その翌年の1996年にニュース番組のリポーターなどをつとめていた、長尾みか代さんと再婚されています。当時28歳差婚ということで、ワイドショーなどで話題になっていました。

実の父親が、東京有楽町の映画館「スバル座」や「オリオン座」などを所有していた「スバル興業」の社長でした。藤村さんは演出家をめざし、早稲田大学第一文学部演劇学科に入学、しかし中退されています。その後東宝芸能学校舞踊科に入学しなおし、演技の勉強をされたようです。

俳優としての活躍

藤村さんは、その軽妙でとぼけたようなキャラクターが人気の俳優さんでした。フジテレビ「なるほどざワールド」や日本テレビの「ゲバゲバ90分」などのバラエティ番組や、クイズ番組にひっぱりだこでした。様々な映画やドラマなどで、その味のある存在感をいかし、名わき役として大活躍していました。その活躍は、俳優にとどまることはなく、声優やナレーションの仕事などでも、才能を存分に発揮し、テレビ界になくてはならない存在になっていました。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする