【動画】長与千種ってどんな人?ケンカ仲裁で男逮捕!伝説のプロレスラーの素顔は?

3

元女子プロレスラーの長与千種さん(53)に暴行を加えた男が逮捕された。ケンカの仲裁に入った長与に暴行を加えた容疑だ。

長与千種と言えば、女子プロレスブームの立役者。親衛隊ができるほどの人気を誇り、長与に憧れてプロレスラーになった選手も数多い。そんな長与千種のプロフィールや経歴を紹介します。


スポンサードリンク

長与千種


View this post on Instagram

自分の信じた道をいく

Chigusa Nagayo長与千種さん(@chigusanagayo)がシェアした投稿 –

生年月日:1964年12月8日

出身地:長崎県大村市

身長:166cm

所属:Marvelous(代表)

全日本女子プロレスに入団し、1980年8月8日デビュー。1984年8月にライオネス飛鳥との「クラッシュギャルズ」を結成。それまでの女子プロと違い、男子プロレスの技などを取り入れたファイトスタイルで、今の女子プロレスを作り出す第一人者に。

ヒール軍団「極悪同盟」との抗争で女性ファンの人気を博し、親衛隊と呼ばれる女性の応援団で、会場が埋め尽くされるほどの人気を呼んだ。1985年には極悪同盟に負けて剃髪したこともある。

1989年に突然引退。全女のやり方やなどに不満を覚え、プロレスに対する熱が無くなったと後に語っている。

その後、1993年11月にプロレスラー復帰。


スポンサードリンク


GAEA JAPAN

1995年にはGAEA JAPANを設立。「驚異の新人」を育成するとし、数多くのプロレスラーを排出。新たな女子プロブームを呼び、女子プロ界の代表的な団体となった。

尾崎魔弓・デビル雅美・ダイナマイト関西・アジャコング・山田敏代など、一世を風靡した人気レスラーも数多く参戦。1996年には、長与の元付き人だった北斗晶が電撃入団して業界を驚かせた。さらに、ライオネス飛鳥がフリーとして参戦し、長与との抗争が勃発。


抗争を経て、2000年に、クラッシュ2000を結成。ヒール軍団と新たな抗争となった。

GAEA JAPAN出身のレスラーは、今現在も数多く現役で活躍しており、中でも、里村明衣子は今や女子プロ界の横綱と称され、トップで活躍している。

Marvelous


View this post on Instagram

Marvelous‼

Chigusa Nagayo長与千種さん(@chigusanagayo)がシェアした投稿 –

2014年3月22日、大田区総合体育館で長与千種のプロデュース興行「That’s女子プロレス」を開催。KAORUの復帰戦が行われた。長与がMarvelousの設立を発表。

元全日本女子プロレス代表取締役会長で2009年7月11日に亡くなった松永高司に「もう1度、横浜アリーナでやりたい」という遺言を託されたことや、かつての盟友ダンプ松本らに「女子プロレスをどうにかしてくれ」と言われたことなどがきっかけで、団体を設立する決意をしたと語っている。

Marvelousでも新人を積極的に育成。今や所属選手が他団体にも多く参戦するなど、女子プロの中心団体の1つにまで成長している。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする