カルテット愛死天ROO!二次元コスプレが神すぎる!松たかこ・満島ひかり・松田龍平・高橋一生の完璧な演技!

17

今期放送中のドラマの中で、話題を独り占めしているといってもいいドラマ「カルテット」。

松たかこ・満島ひかり・松田龍平・高橋一生という演技派俳優陣がメインキャストをつとめるというだけで注目株でしたが、その内容も絶賛されています。この4人の演技力ももちろんですが、独特のテンポ感で展開されるストーリーが視聴者を引き付けており、放送が始まるとたちまちツイッターのトレンドトップに。

そんな「カルテット」の第5話が先日放送されました。そこで披露したとあるコスプレが話題になり、ネットを賑わせています。一体どんなものだったのでしょうか。


スポンサードリンク

5話のあらすじ

5話の内容は、教会で「すずめ」(満島ひかり)が、「真紀」(松たか子)の義母と話しをするところから始まります。

「真紀」のマンションに行った義母は、「司」(松田龍平)が来ていたことを「すずめ」に報告。しかし、「真紀」の行動を調べるように依頼されている「すずめ」は、義母が誤解していると必死に説得しますが義母は聞く耳を持ちません。その様子を、4人が演奏している店「ノクターン」で働く「有朱」(吉岡里帆)が見ていました。

「すずめ」はノクターンで「諭高」(高橋一生)に「この間の話し真紀さんに言った?」と言われます。

「諭高」は以前入院していた際「真紀」の夫と会っており、ベランダで妻に突き落とされたと聞いていたのです。そのことを「すずめ」にだけ打ち明けましたが、「すずめ」は「聞けるわけないじゃないですか」と一喝。

そんな話をしていると「真紀」と「司」が現れますが、ノクターンの夫婦が喧嘩をして入ってきます。

「夫が私の携帯を勝手に見るんだけど、夫婦なんだから当たり前だっていうの!おかしいわよね?」と聞く奥さんに対し、4人は何度も同時に答えます。

これがカルテットの面白さの1つですね。

その夜演奏を聞きに来ていた「司」の弟から「司」は別荘を売りたいと切り出されます。そのためにカルテットをビジネスとして成功させ独立してほしいと言われてしまいます。そんな中、4人の演奏を聴いて感激したという音楽プロデューサーの浅木から「音楽フェスティバルに出演してほしい」と勧誘され・・という内容で5話が進んでいきます。


スポンサードリンク

まさかの二次元コスプレ!!!

カルテットとしての大きな仕事に4人は浮き足立ち、その音楽フェスティバルでは、ピアニストとの5重奏をすることに。

しかし、思っていた演奏とは違い、二次元萌えを狙ったコスプレ演奏という意に沿わない仕事をこなすことに。

二次元キャラ「カルテット美剣王子『愛死天ROO』」という設定。

さらにそれぞれキャラ設定がされており、「真紀」は青髪の「アラサーキャラ」、「司」は黄髪の「童貞キャラ」、「すずめ」はピンクボブ&ロリータの「妹キャラ」、「諭高」は金髪ボブ&黒スーツの「ドS王子キャラ」に。

このまさかの二次元コスプレにネットは騒然。

更に決めセリフまで用意されており

真紀は「ありガトーショコラ」

司「時すでにお寿司」

すずめ「おにい茶碗蒸し」

諭高「よろしく頼ムール貝」

という奇抜なキャラ設定までされる徹底ぶり。

台詞の言い方もおもしろすぎますね(笑)質問でみんなが手をあげるところも、この空気感もさすがカルテットというくらいカルテットならではの雰囲気ですね。ファンの間ではこのシーンは絶賛されています。

完璧なコスプレに大絶賛の声

このまさかのコスプレにネットでは

「コスプレ完璧すぎる」「これは予想できなかったわ」「キャラ設定濃すぎてやばい」「みんな成りきってる」など、絶賛の声が相次いでいます。

特に「満島ひかり」さんの二次元の可愛さはやばいですね。こんなにピンクヘアーが似合う人はいないのでは!

内容の濃いカルテットですが、4人のセリフ回しや別荘での日常に思わず笑ってしまう場面もしばしば。「真紀」の夫の謎、「有朱」の脅威など、見どころ満載で個人的にここ数年で1番のヒットドラマです。

演技力のある4人ならではのドラマ。

今後の展開も要チェックですね!





スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする