ジャンポケ太田レスリング日本代表に!優勝の動画!妻近藤千尋も涙!炎の体育会TVで放送

15

本日18日、TBS系人気バラエティー番組「炎の体育会TV」2時間スペシャルが放送されました。

そこでお笑いトリオ「ジャングルポケット」の【太田博久】さん(33)が、今年1月に行われたレスリングの大会「第16回全日本マスターズレスリング選手権大会」の「フレッシュマンズの部」58キロ級でなんと優勝したことが判明!!しかも【太田】さんは、3位以内の入賞者が対象となるレスリング日本代表に選出されることに!今後行われる海外遠征や国際大会に出場する権利を獲得したというのです。

この素晴らしい快挙にネットには感動の声が殺到。

優勝の瞬間の動画も合わせてお届けします!


スポンサードリンク

優勝の瞬間!感動の涙

今日の放送では、その大会の様子が取り上げられました。

妻であるモデルの【近藤千尋】さんも涙ながらの観戦。
優勝が決まった瞬間、【近藤】さんは号泣し出演者たちは両手をあげて喜びを爆発させました。

なんと【太田】さんは約4カ月前に競技を開始したというから驚きです。しかし高校時代に柔道で県大会優勝するなど、格闘技センスはあったようですね。そして1月22日に開催された「全日本マスターズ選手権」に出場。社会人からレスリングを始めた選手が対象のフレッシュマンの部58キロ級で入賞を果たし、見事代表の座を射止めました。


スポンサードリンク

流血しながら見事優勝!試合の詳細

【太田】さんは同番組の企画で、30歳以上で社会人からレスリングを開始した選手が出場できる「フレッシュマンズの部」の58キロ級に出場しました。

1回戦を48秒でフォール勝ちすると、2回戦も豪快なタックルを決めるなど相手を圧倒した上でフォール勝ち。準決勝もフォール勝ちという3試合連続で1ポイントも取られない圧倒的な強さで見事決勝進出を決めました。

しかし、決勝戦では1ポイントを先制されるという展開。古傷だという首と肩を痛めながらの試合となりました。そこから2ポイントを奪い返して逆転すると、今度は左ひざの関節も痛めながらもポイントを奪取。さらにアクシデントは続き、頭同士のバッティングで流血。それでも【太田】さんは立ち上がり、満身創痍の状態で試合を再開すると、最後まで攻め続け、見事に優勝を勝ち取りました。

妻・近藤千尋も感動

試合は、妻であり人気モデルの【近藤千尋】さんも観戦。現在妊娠中ということで、色々と心配も多かったと思います。優勝の瞬間【近藤】さんは号泣。【太田】さんは真っ先に奥さんの元にかけつけ感動の抱擁をかわしました。

試合後、【太田】さんは「奥さんの前で戦ったりとかはあんまりなかったので、ずっと支えてくれたので、どうしても優勝をプレゼントしたかったです」とコメント。涙で試合を見守っていた妻の【近藤】さんも「この人と結婚してよかった」と再び涙ぐんでいたました。

ネットでは「太田さんかっこよすぎ!」「本当にすごい!」「感動した!」などの声が相次いでいます。

また【太田】さんは、大会に優勝したことで「「全日本マスターズレスリング連盟」が規定する海外遠征や国際大会に日本代表として出場する権利を獲得。今後は、35歳以上が出場できる「世界ベテランズ選手権大会」での優勝を目指すといい、どの国際大会に出場するかはこれから決めていくといういことです。

番組の最後には「『炎の体育会TV』から初めての世界チャンピオンになりたいと思います」と意気込みを語りました。

妻の【近藤】さんも放送後ツイッターを更新。

本当に仲が良くて2人の絆がうかがえます。

にしても【太田】さん本当にすごいですね!おめでとうございます!



スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする