お腹周りの脂肪の原因は?2種類の脂肪について知っておこう!

290h

どうも、最近下っ腹がぶよぶよしてきたこぐまんです。かわいい感じでぽよっとしてるのではなく、ザ・中年太りみたいになってきたので、これはまずいなと思い、お腹周りの脂肪について調査してみました。脂肪を落とし、スリムな体を手に入れる前に、まずは敵(脂肪)の正体を知っておくとダイエットの効率も上がると思いますので、お伝えしていきたいと思います。


スポンサードリンク

ぽよぽよお腹の原因は?

お腹周りの脂肪の原因は運動不足・食べ過ぎ・過度なアルコールの摂取・ストレスなどが原因になっていることがほとんどです。このような生活習慣の中で徐々に蓄積されたものこそが、ぽよぽよお腹の正体です。このぽよぽよお腹は生活習慣病の原因にもなりえるものです。原因や対策の知識を知り、しっかり予防しましょう。

お腹周りの脂肪は2種類あります

お腹周りの脂肪や肉は実は2種類ありまして、それは皮下脂肪と内臓脂肪です。聞いたことはあると思いますが、この2種類の違いをしっかり理解してダイエットに取り組まないと、効率よくうまくいかないことがあります。

女性に多い!皮下脂肪

皮下脂肪はその名の通り、皮のすぐ下にある脂肪です。この皮下脂肪は女性に多くある脂肪です。長い間代謝されなかった脂肪が徐々に皮下に付いていくもので、落とすのが難しい脂肪といわれています。食事制限だけでは、なかなか落ちないので、運動量を増やし、たくさんのカロリーを消費しなければいけません。ですので、まず皮下脂肪が付かないようにすることが大切なのです。皮下脂肪は代謝されるエネルギーに対してカロリーを摂りすぎているのが原因です。要するに食べ過ぎているということなので、日頃の食事のカロリーを意識してコントロールするように心がけていきましょう。付いてしまった皮下脂肪を減らすには食事制限だけでは不可能ですので、運動して落とすことが重要です。


スポンサードリンク

生活習慣病の元?内臓脂肪

内臓脂肪とは名前の通り、胃や腸などの内臓の周囲や、腸間膜などの腹膜の表面に付く脂肪のことです。原因は食べ物の過剰摂取や脂肪分の摂りすぎが原因で付いてしまいます。内臓脂肪は女性よりも男性に付きやすいと言われています。さらに、この内臓脂肪は、生活習慣病の原因になりやすく、お酒が好きな人や油っこい食事を好む人は、特に注意しなくてはいけません。内臓脂肪があると分かった場合は、お酒の量を減らしたり揚げ物など食べる回数を減らすだけでも、内臓脂肪を減らすことができます。また、内臓脂肪は運動で落としやすい脂肪と言われています。軽いジョギングなどの有酸素運動を毎日続けることで、内臓脂肪は比較的すぐに落ちていきます。しかし、すぐに辞めてしまったりサボってしまうと、すぐにまた付いてしまうので、しばらくは続けるようにしましょう。

無理なダイエットをする前に

皮下脂肪は女性に付きやすく、落ちにくいもの。内臓脂肪は男性に付きやすく、落ちやすいものです。まずは自分についている脂肪をしっかり把握して、自分に合ったダイエットを実践していきましょう。無理なダイエットをする前に、まずは痩せやすい体を作ることを意識することが大切です。痩せやすい体=基礎代謝を上げる。基礎代謝は食物繊維やミネラルを日々の食事にとりいれることで誰でも上げることができます。ダイエットのトレーニングはほどほどに、まずは基礎代謝を上げることを意識して生活するのが、効率の良いダイエットの第一歩となります。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする