【動画】6歳ドレイクコーチの退場劇が可愛すぎる!アメリカ大学野球での一幕に大反響

5

アメリカ大学野球・カレッジサマーリーグのグラウラーズの6歳の少年が話題になっています。

「ドレイクコーチ」として親しまれ、今注目を集めている少年。試合中、審判に対し猛抗議をして、まさかの退場処分を受けるという出来事が。

しかし、この退場シーンが「可愛すぎる」と反響を呼んでいます。

動画を交え紹介します。


スポンサードリンク

ドレイクコーチ

アメリカ大学野球・カレッジサマーリーグチームの「カラマズー・グラウラーズ」。

ここに、6歳にして監督や選手から「ドレイクコーチ」として親しまれている少年がいます。

所属チームが、実際の試合中のシーンをネットで公開していますが、その振る舞いなどが話題に。

今、アメリカ大学野球の中で最も注目を集めている人物です。

そんなドレイクコーチですが、16日(現地時間15日)に行われた試合で、退場処分を受けたというのです。

一体何があったのでしょうか。


スポンサードリンク


世界一可愛い退場

事件は試合中、7回に起こりました。

審判の判定に納得のいかないドレイクコーチがベンチから登場。

アンパイアに対し、身振り手振りで猛抗議を始めます。

6歳という小さな体を目一杯使って抗議するも、残念ながら判定は変わず。

するとドレイクコーチは、審判の周りを一周し、審判に対し足で砂をかけ始めたのです。

これに審判はドレイクコーチを退場処分に。

ふてくされて引き上げたドレイクコーチですが、今度は自身の背丈ほどのバットを持ち出し、グラウンドに放り投げるという暴挙に。

さらにボールを持ち出し、一気にぶちまけました。

可愛すぎると反響

この一連の行動は、アメリカメディアも続々報じて話題に。

米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」では「野球チームの6歳“ドレイクコーチ”が退場後に強烈な抗議」と題し、大々的に取り上げるなど大きな反響を呼んでいます。


スポンサードリンク