ドクターYあらすじ・ダイジェスト版地上波放送で反響!「おもしろすぎ」と話題に

1

人気ドラマ「ドクターX外科医・大門未知子」のスピンオフ配信ドラマ「ドクターY外科医・加地秀樹」。そのダイジェスト版が地上波で放送され「やばい(笑)」「最高すぎる」と反響を呼んでいます。

「腹腔鏡の魔術師」加地先生。愛すべきキャラのドラマ・あらすじやネットの反応を紹介します。


スポンサードリンク

 スピンオフドラマ

米倉涼子主演の超人気ドラマ「ドクターX外科医・大門未知子」。勝村政信演じる加地先生はこのドラマに欠かせない存在です。

「腹腔鏡の魔術師」としてその高いスキルを評価されつつも、大門先生とは真逆の「群れを好み、金を愛し、腹腔鏡のスキルと要領の良さだけを武器に突き進む外科医」。なのにどこか憎めない、そんなが加地先生主役のスピンオフドラマ「ドクターY外科医・加地秀樹」は、2016年に配信ドラマとしてスタート。

ドクターXファンからの根強い人気を得て、第3弾の配信がスタート!9月15日からKDDIの動画配信サービス「ビデオパス」と「テレ朝動画」で配信開始されています。


スポンサードリンク

あらすじ

「帝都医科大学付属静岡第11分院」に飛ばされた外科医・加地秀樹(勝村政信)は、病院長の伊東修一(小野武彦)から思いがけない提案をされる。なんと、次の教授選で加地を教授に推薦したいというのだ! 金には人一倍興味があっても、地位や権力にはまるで興味のない加地は、丁重にお断りすることに…。ところが、その3日後。オペ中に自らの老化を痛感し、その将来に思いを馳せた加地はあっさり掌を返し、教授選出馬を決意する。

 実はこの教授選、幸いにも対抗馬はゼロ。教授7人のうち過半数の票さえ獲得すれば、教授の椅子が約束される状況だという。加地はさっそく地元経済界のドン・清水権蔵(佐藤B作)から豪快な資金援助を受け、票集めに奔走。ところが初っ端から、想定外の大ピンチが発生してしまう。伊東派の3人が加地への投票を約束する中、副院長・熱海正人(堀部圭亮)派の3人が不支持を表明したのだ!

 加地は教授選を制するため、どちらの派閥にも属さない“最後の1票”を手に入れようと立ち上がる。だが、票の持ち主は幸か不幸か…完璧な清廉性から「静岡のミスクリーン」と呼ばれる最年少教授・富士宮小百合(りょう)! 加地は何とか彼女を取り込もうとするが、ちっともなびいてくれず…。

 そんな中、加地はさらなる窮地に立たされる。熱海がここにきて、いきなり加地の対抗馬を立てたのだ。もうひとりの教授候補として選ばれたのは、華々しい経歴を背負って静岡分院にやって来た外科医・鶴田匠(野間口徹)。しかも加地に対し、鶴田は「どんな手を使ってでも教授になりますよ」と宣戦布告し…!?

ネットの反応


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする