だいすけお兄さん卒業発表!後任は花田ゆういちろうさん!最後の放送や理由は?おかあさんといっしょ歴代最長のうたのお兄さん!

16

子供の頃誰もが見ていたNHKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」。メインを務めるお兄さんとお姉さんは、番組の顔であり、子供たちの憧れの的でもありました。

そんな中、これまで番組歴代最長の9年間にわたって「うたのお兄さん」を務めてきた【だいすけお兄さん】こと【横山だいすけ】さんが、番組を卒業することがわかり、17日NHK放送センターで行われた会見で発表されました。

9年間にわたりうたのお兄さんを務めた【だいすけお兄さん】とは一体どんな人物なのでしょうか。

卒業理由や、後任についてもお届けします。


スポンサードリンク

おかあさんといっしょ卒業理由

今回の卒業は【だいすけお兄さん】が本人が希望したといいます。会見に出席した【横山】さんは、「今回の卒業は僕から言わせていただきました」とあいさつ。

節目となる10年よりも前に卒業を決めたきっかけとして、昨年2016年8月に行われた「ファミリーコンサート」を挙げました。昨年から「うたのお姉さん」を担当している【小野あつこ】さんがコンサートで子供たちと笑い合っている姿を見て「心が通じ合ったんだなという気持ちと安心した気持ち」を得たこと、そして「Say!good-bye~明日をみつめて~」という曲を歌いながら「いつかは終わりがくる」という思いに至り、「直感的なところが大きな要因ではあります」と語りました。

また、2019年に番組が60周年を迎えることにも触れ、「あつこお姉さんに去年4月から代わり、(キャラクターは)ガラピコぷ~に変わりいろんなことが新しくなっていく中で、僕自身がみんなにパワーをもらって、自分も60周年に向けてこんな素晴らしい番組を引き継いでいきたいなという気持ちが大きくなったのが正直なところです」と話しました。



スポンサードリンク


最後の放送日は?後任は誰?

9年にわたり「おかあさんといっしょ」のうたのお兄さんとして活躍した【だいすけお兄さん】。

その【だいすけお兄さん】が卒業となる最後の放送日は3月30日木曜日となることも発表されました。スタジオ収録分の最後の放送となります。あとわずか1ヶ月ですね。

そして【だいすけお兄さん】からバトンを受け継ぎ、新たに12代目「うたのお兄さん」を務めるの方も発表されました!

新しいうたのお兄さんは【花田ゆういちろう】さんです!!

3月31日と4月1日はファミリーコンサートの模様が放送され、【花田】さんは4月3日の放送から登場するということです。

だいすけお兄さんの歴史

【だいすけお兄さん】の歴史を振り返ってみたいと思います。

まずプロフィール

・生年月日:1983年5月29日

・出身:千葉県千葉市

・出身校:国立音楽大学

・身長:171cm

・血液型:O型

うたのお兄さんになったきっかけ

幼いころから歌が大好きだった【だいすけお兄さん】さん。小学校3年生から合唱を始め、高校1年生にとき、国立音大を受験するため本格的に歌の勉強を始めました。

その時読んだ本に「子供の成長に音楽が深く関わる」といった内容が書いてあり、「子供のために歌いたい」という気持ちが強くなったそうです。そこで一致したのが「うたのお兄さん」。そこから「うたのお兄さん」をめざし音楽の勉強を必死にしたそうです。

その後国立音大に入学。在学中にミュージカルにも出演した際、今までの「合唱」とは違う魅力を感じ、子供と一緒に楽しめる音楽という面でも喜びを感じ始めたんだとか。
そんな中、当時の現役うたのお兄さんである【今井ゆうぞう】さんが劇団四季の出身というのを知り、それをきっかけに劇団四季を目指すようになりました。その歌唱力で劇団四季のオーディションに合格。数々の舞台で活躍しました。

本当に努力してうたのお兄さんになったんですね。9年間愛されていたのが分かる気がします。

【だいすけお兄さん】が見れるのは残り1ヶ月。子供たちに最後まで笑顔を見せてくれると思います。



スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする