中等症とはどんな症状なのか?定義は?重症とどう違うのか?調べてみた

6

草津白根山噴火の事故で、陸自隊員の方がスキー場で雪崩に巻き込まれるというニュースがあり、その中で中等症という聞きなれない言葉がでてきたので、調べてみました。


スポンサードリンク

中等症とは簡単にいうと

昭和39年以降、傷病者の重症度分類について定められた定義のひとつで、「軽症」「中等症」「重症」「死亡」の4つに分類し、現在に至っているということです。

重症の定義については「3週間以上の入院加療を必要とするもの以上のもの」ということなので、軽症より重く、3週間以内の治療で回復する状態のこととのことでした。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする