【動画】中学聖日記9話キスシーン!有村架純がずぶ濡れで岡田健史に告白「キレイすぎ」と反響

2

4日(火)「中学聖日記」第9話が放送。聖(有村架純)と晶(岡田健史)の本気のキスシーンが話題を呼んでいる。さらに聖のずぶ濡れ告白には「キレイ」「たまらん」と大きな反響となった。

9話のあらすじや動画を交え紹介します。


スポンサードリンク

9話あらすじ

父・康介(岸谷五朗)からの手紙に書かれた「山江島」という言葉を頼りに、フェリーに乗り込んだ晶(岡田)。聖(有村)はそんな晶の言動を放っておけずフェリーに飛び乗る。一方で、息子を失う不安に駆られた愛子(夏川結衣)は、思い余って勝太郎(町田啓太)の会社を訪ねていた。周囲を顧みない、2人の行動にいら立ち、勝太郎は何度も聖に電話するのだが…。
勝太郎との電話で、晶が愛子に告げずに父・康介に会いに来たことを知った聖は、宿泊していた康介の家を飛び出し、単身バンガローのあるキャンプ場へ。しかし彼女は突然の豪雨に襲われ、キャンプ場の坂道を転げ落ちケガをしてしまう。

そこへ駆けつけた晶は「なんで連絡しないんだよ!」「心配させんなよ…」と晶に言い放つと、彼女は「ごめんなさい…」とポツリ。

ケガをした聖をおぶった晶は、彼女の濡れた服を乾かし、休憩させるために小屋の中へ。晶が「こうなったのは、全部オレのせいだし…」とつぶやくと、聖は彼に近づき「そうよ、黒岩くんのせいよ」と一言。続けて「もし黒岩くんに会わなければ、学校を辞めることもなかった…どうしたら忘れられるの…」と語ると、決意の表情で「黒岩君が好き」と思いを告白。2人は抱き締め合い、唇を重ねる。


スポンサードリンク


動画

視聴者の声


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする