【炎上動画】とろサーモン久保田が上沼恵美子に暴言!M-1審査で痛烈批判し干される?!

6

お笑いコンビ・とろサーモン久保田かずのぶと、スーパーマラドーナ武智が炎上している。2日(日)に行われた「M-1グランプリ2018」。その審査員を務めた上沼恵美子に対し、暴言を吐いた動画を投稿したのだ。

「オバハン」や「更年期」」といった言葉まで飛び出し上沼を批判。これにネットでは大炎上となっている。

現在動画を削除して謝罪している2人だが、一体何を言ったのか?暴言動画を交えて紹介します。


スポンサードリンク

M-1グランプリ2018

2日(日)に14回目の開催となる「M-1グランプリ2018」が行われた。今年は、昨年より500組以上多い4640組のお笑い芸人がエントリー。決勝に勝ち進んだのは

和牛・霜降り明星・ゆにばーす・見取り図・かまいたち・スーパーマラドーナ・ジャルジャル・トム・ブラウン・ギャロップの9組と、2日に行われた敗者復活戦を勝ち上がったミキの計10組。

その後、ジャルジャル・和牛・霜降り明星が勝ち残り最終決戦に。どのコンビが優勝してもおかしくないハイレベルな戦いとなった今回。優勝を勝ち取ったのは霜降り明星だった。

しかし、審査員の上沼恵美子の発言に視聴者から疑問の声が噴出。ジャルジャルの漫才を嫌いだと評し、1人だけ80点台を付けたかと思えば、ミキの漫才を「ファンやねん」と高得点を付けた。

これに対し、視聴者は「審査員やめてほしい」「好き嫌いで点数付けんなよ」と批判殺到。その日「上沼恵美子」がトレンド入りするなど、波紋を呼んでいた。

松本人志コメント動画はこちら


スポンサードリンク


暴言動画

M-1に出演し7位となったスーパーマラドーナの武智。番組出演後に自身のインスタグラムでライブ配信を行い、とろサーモン久保田が登場。

しかし泥酔状態で「自分の感情だけで審査せんといてください」とM-1の審査員を批判。名前は出さずとも上沼恵美子のことだと分かる批判を開始。「オバハン」や「更年期」などの暴言も吐き、これを笑いながら同調し配信する武智の声も聞かれる内容になっている。

これにネットは「言い過ぎだろ」「負け惜しみ恥ずかしすぎる」「もう見たくない」と大炎上。この発言を受けてかどうかは不明だが、上沼は3日放送のABCラジオ内で「私みたいなこんな年寄りがね、ポンっと座って偉そうにしている場合ではないんですよ。だからもう、私は引退します」と引退宣言をしている。

しかし、4日になって2人はそれぞれのツイッターで謝罪。

この謝罪に対してもネットでは厳しい批判が収まってはいない。

ネットの声


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする