【動画】落札直後の絵がシュレッダーで破壊に悲鳴!額縁に仕掛けで1億5千万円の絵画自滅

2

ロンドンのオークションで事件が!「バンクシー」の代表作の絵が1億5千万超えで落札された直後、額に仕掛けられていたシュレッダーで作品が自動裁断されてしまうという衝撃の事件が起こりました。

この衝撃の光景に会場は驚きの声。バンクシーのいたずらではないかと言われているが果たして何があったのか。


スポンサードリンク

最高額落札

ロンドンで開催されていたオークション。

正体不明の覆面ストリートアーティスト「バンクシー」の、最も有名な作品の1つである「赤い風船に手を伸ばす少女」が出品されました。紛争が続くシリアに向けた反戦キャンペーンにも使われたこともある作品とうことで、過去のバンクシー作品の最高額に並ぶ104万2000ポンド(約1億5千万)で落札。

高額落札に沸く会場。しかし、その直後に事件が・・。


スポンサードリンク

動画

落札と同時にアラームが鳴ったかと思うと、額に仕掛けられていたシュレッダーによって作品が裁断されてしまったのです。

この衝撃の光景に会場は騒然。

本人のいたずらか?

バンクシーはこの様子を自らのインスタグラムに投稿しています。

過去にもアメリカやイギリスの有名な美術館に作品を無断で展示し、しばらく誰にも気づかれず話題になったことも。

事件直後には、オークション会場入り口付近で黒のサングラスをかけ、帽子をかぶった男が警備員ともみ合っていたという報道も出ていることから、バンクシー自身が会場にいて仕掛けを作動させたのでは?本人のいたずらか?と臆測が出ています。

一方、オークションの主催者は「落札した人とは今後どう対応すべきかについて協議中だ」としています。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする