Sareeeシードリングに移籍!会見動画あり。ディアナ退団の理由は?彼女の歴史に迫る!女子プロレス

116

ここ最近、女子プロレスでは大きな動きが続けて起こっています。【中島亜里紗】選手のJWP退団からのSEAdLINNNG入団。そしてそのJWP女子プロレスの解散。新団体旗揚げ。

そしてまた大きな動きが起きました。人気選手の【Sareee】さんが「ディアナ」の退団を発表したのです。そして「SEAdLINNNG」入団へ。一体何が起こっているのでしょうか。退団の理由は?


スポンサードリンク

退団発表の会見動画

人気選手の【Sareee】さん。各団体の興行に出場し、その活躍はディアナだけに留まりません。そんな【Sareee】選手が、2月1日に会見を行いました。

まずは会見の様子をどうぞ。

Sareee選手の歴史

【Sareee】選手は1996年3月31日生まれの20歳。本名は「藤村沙里」さんです。

元々「NEO女子プロレス」への入団を希望していまいたが、解散が決まったため同団体の選手であった【井上京子】選手の元で練習を始めたそうです。リングネームは「井上京子」選手が「GReeeeN」のファンだったことで付けられました。

「ディアナ」の旗揚げに向け、プロテストを受験。前日の練習で第二横突起亀裂骨折しながらもスクワット1000回をクリアし合格した事でド根性娘として有名です。

2011年3月21日に旗揚げ戦でのデビューが決まっていましたが、その年の3月11日に発生した東日本大震災の影響で延期。4月17日の旗揚げ戦において、【里村明衣子】戦でデビューしました。
当時まだ15歳。

初勝利は2012年4月20日。北沢大会で【川佐】選手と再戦し、ジャックナイフ式エビ固めでシングル初勝利をおさめています。

「ディアナ」は代表の【井上京子】選手を筆頭に【伊藤薫】選手などベテラン選手が数多く所属・参戦する団体。その中でわずか10代の【Sareee】選手が必死に食らいつき、気迫あるファイトで立ち向かう姿は多くのファンを味方につけました。

タッグでは「ディアナ」の後輩である【田中盟子】選手と「ストロング・ディアナ・魂(通称:スト魂)】を結成し、2人で他団体に出ることも多くあります。入場時の2人のダンスも話題となりました。


タッグパートナーの【田中盟子】選手が去年謹慎処分となった時は、先輩としての監督責任を謝罪。1人で他団体に出場することも更に増えました。

これからの活躍は

【Sareee】選手は「ディアナ」以外にも数多くの団体の興行に出場しています。可愛い顔立ちで多くのファンがいる【Sareee】選手ですが、その素顔とは打って変わって、時には後輩レスラーとの試合で得意とするエルボーを厳しく叩き込み、20歳とは思えない貫禄を見せることも。

今回「SEAdLINNNG」入団を決めた理由を「ディアナで教わった通り、本物の闘い、本気の闘いをやりたいと思った時に…シードリングというリングは合ってると思いました」と語った【Sareee】選手。

彼女の熱いファイトスタイルは多くのファンを惹きつけています。

「SEAdLINNNG」は先日【中島亜里紗】選手も移籍を発表したばかり。選手達を呼びこむ魅力があるのかもしれませんね。

「ディアナ」での試合は2月26日後楽園ホールが最後。これからの【Sareee】選手の活躍にも期待したいと思います。



スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする