さくらももこさんの死因や病名・いつから病気だったのか?ちびまる子ちゃんはどうなるのかなど調査しました

160

2018年8月27日に速報でちびまる子ちゃんなどの作者であるさくらももこさんが死去されたと報道されました。突然の発表だっただけにファンや関係者に衝撃が走っています。死因や病名などわかる範囲でまとめてみました。

スポンサードリンク

さくらももこさんの死因は?

少女漫画雑誌りぼんの編集部によると、さくらももこさんは2018年8月15日午後8時229分、乳がんのため53歳でなくなったとのことです。

いつから闘病していたのかなど、まだ公表されていませんが関係者に衝撃が走っています。

りぼん編集部はツイッターでコメントを発表しています。


スポンサードリンク

リボン編集のコメント引用↓

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53)

これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます。

さくらは1984年に漫画家としてデビュー。30周年を迎えた際、次のような言葉があります。

「30年間、良い事も大変な事もいっぱいありましたが、私は作家としてとても幸せな月日を送らせていただいています。感謝にたえません。」(『さくらももこの世界展』「デビュー30周年を迎えて」より抜粋)

作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。

これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです。

ツイッターなどの声

なおフジテレビの発表によると、ちびまる子ちゃんの放送は変わらず続けると発表されています。

ご冥福をお祈りしています。
さくらももこさんの作品を再度みなおしてみます。

これがいちばん好きでした


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする