ピエール瀧逮捕で石野卓球の反応・コメントは?電気グルーヴ解散か?

4

人気音楽グループ「電気グルーヴ」のピエール瀧(51歳)が2019年3月12日にコカイン使用の疑いで逮捕されました。
ピエール瀧容疑者といえば現在放送中の「いだてん」に出演中。

数々の映画にも出演しており、アナと雪の女王のオラフ役を務めるなどマルチに活躍していまうす。

今回の逮捕の影響は?グループはどうなる?

紹介していきます。


スポンサードリンク

ピエール瀧・逮捕

12日、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(通称:麻取)に逮捕されたピエール瀧容疑者。

麻取によると、瀧容疑者が薬物を使用しているとの情報を得て内偵捜査を開始。

同日午後6時過ぎに、麻薬取締法違反容疑で瀧容疑者の自宅を家宅捜索したところ、薬物は見つからなかったそうです。

しかし、瀧容疑者を任意同行して尿検査をしたところ、コカインの陽性反応が出たため、午後11時すぎ麻薬取締法違反(使用)容疑で緊急逮捕となったようです。


スポンサードリンク

石野卓球のコメントは?

1989年に結成され、今年結成30周年を迎える電気グルーヴ。

現在ライブツアー「電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”」を行っており、今週末にはファイナルとなるZepp Tokyoでの2daysを控えている最中での逮捕に衝撃が広がっています。

電気グルーヴのメンバーでもある石野卓球さんのコメントや反応が気になりますが、まだツイッターなどのSNSでも反応は上がっていません。

今年のフジロックへの出演も決まっており、今後の活動などに注目が集まっています。

移送の様子

「コカインを使用したことは間違いない」と容疑を認めているというピエール瀧容疑者。

自宅からは、鼻から粉末状のコカインを吸引するために使った疑いがある紙片が見つかっているとのこと。

13日午前3時過ぎ、麻取の庁舎からワゴン車に乗せられ、留置先の警視庁東京湾岸署に移送されました。

危険な薬物

コカインはコカという灌木の葉が原料で、原産地は南米。

古代から貴重な植物とされていたましたが、後にヨーロッパでコカの葉から独自のアルカロイド成分・コカインが分離され、麻酔薬として使われるようになりました。

しかし、依存性の高い危険な薬物とされており特徴的な中毒症状には、皮膚と筋肉の間に虫がはいまわるような感覚が起こったり、脳への影響も大きく死亡することもある危険な薬物です。

捜査関係者によると、末端価格は1グラム当たり約2万円と高額で、外国人グループが密売しているという。

麻取は瀧容疑者の携帯電話を押収し、コカインの入手経路を調べています。


スポンサードリンク