「相棒」大木刑事役の俳優志水正義さん死因は?シーズン17の出演・代役は?

1

人気ドラマ「相棒」シリーズで知られる俳優の志水正義(しみずせいぎ)さんが27日、死去したことが分かりました。

10月17日から始まるシリーズ17の代役などは誰になるのでしょうか?


スポンサードリンク

死因は?

志水さんは自身のフェイスブックでがん闘病を公表していました。

今年7月にすい臓がんと診断され、肝臓に転移していることも公表。

フェイスブックで「本日9月27日、志水正義は永眠いたしました。ありきたりな表現ではありますが、眠るように安らかに旅立ちました。」と死去を報告。

また「みなさまには大変お世話になり、本当にありがとうございました。お礼を申し上げても足りないくらいです。応援、本当にありがとうございました」と綴られていた。


スポンサードリンク


相棒の代役は?

志水さんは、相棒シリーズで2000年から大木長十郎刑事役として出演。特命係の部屋をのぞくシーンが多く、小松真琴刑事(久保田龍吉)と共に“大木小松コンビ”として親しまれ、なくてはならない存在になりました。

相棒は10月17日からシーズン17の放送が決定しています。

8月20日には相棒の収録に参加したことを報告しており、7月にがんを公表していた志水さんは「豊さんはじめキャストの方々、プロデューサーの方々、スタッフの方々にお見舞いや温かい励ましのお言葉を頂き、思わず涙がこぼれそうになりました」とつづっていました。

新シリーズの撮影に参加していたそうですが、代役についての公式発表はまだされていません。

相棒ファンも悲しみの声


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする