【画像】ナチス帽子着用でBTS炎上!原爆Tシャツ・原爆ブルゾンなど問題が次々発覚で活動ピンチ?

2

韓国の男性グループBTS(防弾少年団)が、またもや炎上している。メンバーの原爆Tシャツ着用の他、原爆ブルゾンまで着用していたことが発覚。さらに今回、ナチス帽子を着用していたというのだ。

これにより今度はアメリカの団体が抗議を発表。政治的意図はないと話していたが・・一体BTSに何が起こっているのか?


スポンサードリンク

原爆Tシャツ問題

メンバーであるジミンが、過去に日本への原爆投下を肯定する文言の入った原爆Tシャツを着ていたことが発覚。ネットで批判が相次ぎ問題に。騒動は拡大し、9日(金)に出演予定だった「ミュージックステーション」への出演が中止に。このことは海外メディアに取り上げられるなど、大きな波紋を呼んだ。

さらに、2015年に公演の中で流れた映像の中で、リーダーであるRMが、原爆のきのこ雲がプリントされたブルゾンを着ていたことも発覚した。

これは誰が見ても反日感情があるのではないか?とネットでさらに炎上が拡大。

NHK紅白歌合戦のオファーも白紙に戻るなど、日本での活動に大きな影響が出ているが、さらにアメリカの団体からも抗議を受けている。

一体何があったのか?


スポンサードリンク

ナチス帽子着用

原爆Tシャツで問題となったBTSだが、2014年9月に発売されたファッション誌「CeCi(セッシ)」のフォトブックに掲載された写真の中で、ナチスを連想させるような帽子を被っていたというのだ。

写真ではナチス親衛隊(SS)の記章をあしらった帽子を被っており、さらにコンサートの演出で、ナチスを想起させる旗を掲げたりしていたことも発覚している。

これを受け、米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」がBTSに抗議。「BTSは日本の人々とナチスの被害者に謝罪すべきだ」としている。

また、ホロコースト慰霊碑の前で撮影された写真も発見された。

ホロコースト慰霊碑は、虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑だ。

この一連の行動などが、日本のみならず海外でも物議に。13日からはドームツアーが開始される同グループ。果たして今後の活動はどうなるのか?


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする