【画像】プロレスラー森嶋猛逮捕にファン衝撃!7月に復帰宣言したばかり・タクシー運転手に暴行

4

プロレスラー森嶋猛が、タクシー運転手を殴ってけがをさせたとして現行犯逮捕された。森嶋は2015年12月末日に契約期間満了によりノアを退団。今年7月にファンの前に登場し、復帰を表明したばかりだった。しかし、ケガを理由に復帰を延期。なにかとお騒がせな森嶋だが、今回の逮捕で復帰は絶望的に。一体、どんな選手なのか。経歴など交えて紹介します。


スポンサードリンク

プロレスラー森嶋猛

森嶋は高校卒業後、柔道部の阿部新二監督の知人であった三沢光晴が所属する全日本プロレスへ入門。2000年6月、全日本を離脱しノアの旗揚げに参加。

巨体を生かした「肉体的圧力で相手を潰す」ファイトスタイルで、2010年頃から同じ巨漢レスラーの吉江豊と対戦したり、「巨漢のヘビー級レスラーならではの醍醐味をみせる試合」を信条としていた。

2015年4月、病気を理由に引退を発表。 その後、9月19日に大阪府立体育会館にて引退試合を行うことが発表されたものの、森嶋のコンディションの関係上延期に。しかし、2015年12月末に延期していた森嶋の引退試合、並びに引退セレモニーは執り行わないことが決定。そのまま12月末に契約満了で退団し、表無舞台からは姿を消していた。


スポンサードリンク

復帰表明

病気を理由に引退を表明したものの、引退試合をしないまま退団した森嶋。ノアを退団した後、ピザ店店員、バーテンダー、コンサート会場の警備員などをして生活。しかし、2017年11月に行われた全日本プロレスの岐阜大会を観戦し、プロレスへの情熱が再燃したという。

7月10日に行われた「POWER HALL2018」に来場し、リング上でファンにあいさつ。さらに、10月15日に後楽園ホールで行う「GENESIS~森嶋猛帰還~」にて復帰することを表明していた。

復帰を表明した後のインタビューでは「実は病気が本当の理由ではなかった。体調以前に精神的にギリギリの状態でした。試合などで穴をあけてしまったし、今でも関係者の方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです」と語っていた森嶋。

しかし、その復帰興行も延期に。練習の際、足に激痛が走り都内の病院に緊急搬送。検査の結果「化膿性関節炎」で手術を受けたという。意志の判断で10月の復帰は断念となり大会も中止になっていた。

逮捕にファンも呆れ声

そんな中、逮捕の報道。4日午後11時半ごろ、新宿歌舞伎町の路上でタクシー運転手の男性の顔を殴ってけがをさせたとして現行犯逮捕されたという。運転手の男性は頬骨を折る重傷を負った。

退団、復帰、中止、逮捕というお騒がせな行動にファンも呆れ声だ。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする