コロッケさん右耳が聞こえなかった?その病名とは?○○から学んだ!で初めて告白!

91

こんにちは、こぐまんです。今回は15日放送のABCテレビ系「人生で大事なことは…“○○から学んだ!”初めて明かしますSP」で、ものまねタレントのコロッケさんが告白した耳の病気について調査しました。


スポンサードリンク

コロッケさんの病名とは?

コロッケさんは「真珠種性中耳炎」という真珠のような球状に増殖した組織が、耳の周りの骨を破壊していく病と診断され、すぐに緊急手術を受けたが、残念ながら右耳は聴こえなくなったといいます。

それでもコロッケさんは「いまのコロッケの芸をいい方に導いてくれた。音を想像することができるようになり、これは神さまがくれたプレゼントだと思っている」と語り、その前向きな姿にみんなが感動していました。


スポンサードリンク


真珠種性中耳炎とは何か?

真珠種性中耳炎という病気だが、普通の中耳炎とは違い、鼓膜の一部分が内陥して周囲の外耳道が破壊され、その部分に真珠のような塊ができる病気です。真珠腫は増大していくとまず周囲の外耳道の骨を圧迫して破壊していき、さらに音を伝えるための骨である耳小骨も破壊されるため、伝音性の難聴が生じてしまいます。

治療法は?

根本治療は手術で、鼓室(こしつ)形成術を行う必要があります。しかし、この手術はかなり高度な技術が求められ、重症の真珠腫では、2回にわけて手術を行う段階的手術も行われています。最近は手術方法も非常に改良されており、難聴もかなりの率で改善されることがわかっています。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする