樹木希林(75)の死因は?5年前に全身のがん告白。一時危篤も。本名・内田啓子さん

2

訃報です。女優の樹木希林さんが15日に都内の自宅で亡くなったことが分かりました。

75歳で突然の死。一体死因はなんだったのでしょうか。


スポンサードリンク

一時危篤の報道も

数々の映画やドラマ、CMなどで活躍した樹木希林さん。

8月30日には本木雅弘さんが記者に樹木希林さんの現状を説明。

13日に知人宅で転び、左大腿骨を骨折し15日に手術をしたということでした。その後、気管支が弱く一時は危篤の状態だった事も明かしていました。


スポンサードリンク


がん告白

樹木希林さんは、5年前に全身のがんであることを告白しています。

一時危篤になった時もがんの影響があったようです。

左大腿骨を骨折し入院しているときは、家族が口に食べ物を入れるときに心配して固唾を飲んで見守っていたそうです。

すると「みんなのエネルギーがうるさい。帰って」と樹木さんらしさ全開で入院生活を送っていたとか。回復しリハビリに励んでいる中での訃報となりました。

SNSでも悲しみの声


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする