カリビアンコムも共犯認定?理由は?関連制作会社の社長逮捕で閉鎖もありえるかも!調査しました!

23

どうも、海外ドラマ好きのこぐまんです。成人男性なら一度は必ず、サイトに立ち入ったことのあるといっても過言ではないほどの人気サイト「カリビアンコム」に映像を提供していた関連会社の「ピエロ」の社長が逮捕されたことで、カリビアンコム再度も共犯の認定を受けていたことがわかりました。理由や今後のサイトの動向など調査しました!


スポンサードリンク

制作会社の逮捕理由は?

AV制作会社「ピエロ」の女社長、陳美里容疑者(67)は警視庁と愛知、静岡両県警の合同捜査本部に「わいせつ電磁的記録等送信頒布容疑」で逮捕された。陳容疑者は、取り調べの際に「カリビアンコムというサイトは知りません」ととぼけた様子で取り調べをうけていると報じられている。

捜査関係者によると、社長は家族で「ピエロ」を運営していた模様で、撮影した映像のほとんどがカリビアンで配信されており、専属といっても過言ではない状況だったみたいです。「ピエロ」は出演する女優など映像の内容を事前に台湾の別会社を通してカリビアンに報告していたり、日本のプロダクションに交渉し、撮影⇒納品するなど、台湾の会社が仲介する形をとっていました。


スポンサードリンク


カリビアンコムの共犯

無修正動画を配信するカリビアンのサイトには、「当サイトはアメリカ西海岸でサイト管理、運営のすべてをおこなっており、海外にサーバーを設置することにより、サーバーが設置されている国・地域の法律が適用され、合法的に無修正の動画・画像の配信をおこなっています」と記載されています。

実際、日本以外で成人の無修正作品が違法に当たらないケースも多く、捜査関係者は、明らかに国内向けのサイトであっても、海外に拠点があれば捜査は難しいと、立件は難しいとされていました。

捜査本部は今回の事件を組み立てる際、無修正を配信するカリビアンと制作会社の「ピエロ」が共犯関係にあると認定し、ピエロがわいせつな記録を頒布したとしました。共犯と認定されたことで、カリビアンも国内法上は今まで通り「シロ」と言い切れないことになり、捜査本部がICPOを通じカリビアン側への捜査協力を依頼したことで、現地当局の捜査の行方が注目されています。

閉鎖もあるのか??

閉鎖した方が良いのでは?という意見と、閉鎖しないでくれ!という意見がまっぷたつに割れており、共犯が確定し、サイト自体がどうなるのかも今後注目の点です。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする