【画像】北翔海莉(ほくしょうかいり)って?宝塚歌劇団元星組トップスターが結婚を発表

1

宝塚歌劇団元星組トップスターで、現在女優として活動している北翔海莉が結婚を発表した。お相手は松竹新喜劇の藤山扇治郎。

ファンからは「みっちゃん」の愛称で親しまれているが、一体どんな人物なのか?プロフィールや経歴など紹介します。


スポンサードリンク

プロフィール

生年月日:1981年3月19日

出身地:千葉県松戸市

出身校:市立第二中学校、1996年宝塚音楽学校入学

身長:169.7cm

血液型:B型

父は海上自衛官で中学校時代は美術部に所属していた


スポンサードリンク

経歴

中学校の担任教師に背が高いことから宝塚音楽学校への受験を勧められ、社会科見学のつもりで受験。しかし一次試験に合格したためあわてて初めて観劇したという。二次試験も最下位で合格。不合格だと思い込んでいた為、合格発表当日は千葉県内の高校の入学式に出席していた。偶然出張で関西に出向いていた父が合格を確認し、慌てて入学手続きや電話で制服の採寸をした。

宝塚音楽学校入学後は、バレエや歌などを習っていた同期の生徒に離されないため、人の三倍練習していたという。

1998年、84期生として宝塚歌劇団に入団。宙組公演『シトラスの風』で初舞台を踏む。

1999年1月15日、月組に配属。2001年『大海賊』新人公演での悪役エドガー役で芝居を好きになり、これを皮切りに新人公演で2番手・トップの役を演じる。

2006年、宙組へ組替え。翌2007年、大和悠河のトップ就任後は3番手スターとなる。

2010年、宝塚歌劇団・年度賞で努力賞を受賞。

2015年5月11日付で、星組へ組替えし星組トップスターに就任。相手役には妃海風を迎えた。

2016年11月20日、東京宝塚劇場公演『桜華に舞え』『ロマンス!!(Romance)』の千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

結婚発表

松竹新喜劇の藤山扇治郎と結婚を発表。藤山は、現在朝ドラに出演するなど活躍。

2人は今年5月、大阪松竹座で上演された舞台「蘭~緒方洪庵 浪華の事件帳~」で初共演。異色の共演が話題を呼んでいた。

北翔は、宝塚在団時代から扇治郎の伯母で女優の藤山直美と親交が深く、舞台で初共演を果たし、距離も一気に縮まったようだという。


スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする