欅坂46平手の活動休止理由・仙腸関節不安定症って?やる気ないダンス動画あり・ファンから物議も

2

欅坂46てちこと平手友梨奈(17)が、活動を一部休止することが分かった。腰部打撲などによる仙腸関節(せんちょうかんせつ)不安定症の治療のためだという。

最近の平手は、音楽番組でのやる気のないダンスが物議を呼んでいたが、身体の不調のせいだったのか?動画を交え紹介します。


スポンサードリンク

活動休止

欅坂46のセンターを務める平手友梨奈が、一部活動休止を発表した。

21日(金)、公式サイトで公表されたものによると、腰部打撲や左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症が原因だという。

この度、以前から身体の調子が優れない状態が続き、改めて精密検査を受けたところ、腰部打撲・左仙腸関節捻挫による仙腸関節不安定症、両手関節捻挫による遠位橈尺(とうしゃく)関節の診断を受けました。

現在ダンスパフォーマンスができない状況でもあり、しばらく治療に専念する事にいたしました。一刻も早く万全の状態で欅坂46として活動を再開できるように努めてまいります。

なお、ダンスパフォーマンスを伴わない一部活動に関しては「無理のない範囲で続けさせていただきます。

ファンの皆さま、関係者の皆さまにはご心配、ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。

平手は、デビューから欅坂46のセンターを務めてる絶対的エース。その重圧は計り知れず、たびたび体調不良などが報じられ活動を休むことも。

さらに、今年9月に行われた幕張メッセでのコンサート中、ステージから転倒落下し、退場するアクシデントもあったばかり。欅坂46は激しいパフォーマンスに加え、平手は特に難しいダンスをこなしているため、身体への負担は相当なものなのだろう。


スポンサードリンク


やる気ないダンス

平手は、ここ最近出演した音楽番組の中で、やる気のないダンスを披露しファンの間で物議をかもしていた。

詳しい記事はこちら

体調不良か?活動に不満があるのか?などさまざまな憶測がなされ、ネットでは負担の大きい平手を擁護するファンと、平手を批判するファンの意見が飛び交った。

欅坂46は年末に向け、「MUSIC STATION SUPER LIVE 2018」「カウントダウンTVスペシャルクリスマス音楽祭2018」「第69回NHK紅白歌合戦」などの歌番組への出演が決まっている。ファンの声を受けてかどうかは定かではないが、平手のダンスパフォーマンスが万全ではないことを明かした運営側。

センター抜きでの出演となってしまうのか?

仙腸関節不安定症とは?

仙腸関節(せんちょうかんせつ)は、骨盤の骨である仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)の間にある関節であり、周囲の靭帯(じんたい)により強固に連結されています。仙腸関節(せんちょうかんせつ)は脊椎の根元に位置し、画像検査ではほとんど判らない程度の3~5mmのわずかな動きを有しています(図1)。

日常生活の動きに対応できるよう、ビルの免震構造のように根元から脊椎のバランスをとっていると考えています。中腰での作業や不用意な動作、あるいは繰り返しの負荷で関節に微小な不適合が生じ、痛みが発生します。


スポンサードリンク



12万本以上の動画+コミック漫画も読み放題! ↓↓とりあえず無料期間でお試しください!↓↓


他の記事もぜひご覧ください!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする