【動画】中村倫也の胸キュン告白がやばい!「そこにパイがあったから」名言にファン悶絶

2

12日(火)に「初めて恋をした日に読む話」の第5話が放送。

深田恭子さん演じる主人公のアラサー塾講師・春見順子と、中村倫也さん演じる元ヤン同級生・山下一真の急接近に視聴者は大興奮となりました。

さらに中村倫也さんのセリフがネットで話題に。

動画を交え紹介します。


スポンサードリンク

第5話

山下は順子の高校の同級生。高校時代、教師への反発からグレていたことで、教師たちから目をつけられていた不良だったが、順子から勉強を教わった過去があり、順子にとって人生で唯一告白してくれた男性。大人になり匡平を教えることになった順子と再会を果たした。

前回、既婚者の山下が離婚寸前なことが明らかになり、第5話ではこれまで何度も妻から離婚届を渡されていた山下がついにサインをした。

落ち込み、一人寂しく飲む夜が続いていた山下は、ある日、順子と偶然に出くわし、半強制的に飲みに連れて行く。「全然理解できないままだった、嫁さんの心情」と落ち込む山下を励ます順子。すっかり泥酔してしまった順子を家まで送り、お姫様抱っこをして部屋の中へ。順子は化粧も落とさずに超無防備に山下の前で眠りにつく。

朝、順子が目を覚ますと横には、順子の服の中に手を突っ込み添い寝する山下の姿が。

うろたえる順子に、山下は「別にやってねえよ」「泥酔しすぎてできなかったっていうか…」「そこにパイがあったから」など、さらりと際どいセリフを連発。ついには「もし笑ってる顔が見られれば、少しでも声が聞こえれば、それだけで元気出るんだよ。好きだから」「今また俺、お前のこと…」と直球の告白を口にした。


スポンサードリンク


動画

ファンの声


スポンサードリンク



12万本以上の動画+コミック漫画も読み放題! ↓↓とりあえず無料期間でお試しください!↓↓


他の記事もぜひご覧ください!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする