【動画】小池徹平が怖すぎる!大恋愛6話サイコパス演技に「蕎麦はちみつ飲ますぞ」の声続出

2

16日(金)「大恋愛~僕を忘れる君と」の第6話が放送。ムロツヨシと戸田恵梨香の自然な演技が話題となり、人気を呼んでいる同ドラマに小池徹平が登場。そんな小池のサイコパスな演技に「怖すぎる」「お前そばハチミツコーヒー飲ますぞ」と視聴者から声が殺到している。

蕎麦はちみつとは?6話のあらすじは?紹介します。


スポンサードリンク

6話あらすじ

新居に引っ越し、新生活を始めた尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)。

ある日、井原侑市(松岡昌宏)の診察を受けるために訪れた病院で松尾公平(小池徹平)という男性に出会う。公平は自分と同じ病気を持った患者ということで、尚に興味を持つ。

一方真司は、尚に「子供を作ろう」と提案する。しかし、尚は子供のことや自分のことを考えると賛成できず「無理だと思う」と伝えるも迷いをかかえていた。

母・薫(草刈民代)や親友の柚香(黒川智花)にも相談するが反対され、母の勧めもあり侑市にも相談をしてみることに。侑市は積極的に勧めることは出来ないが考えてみても良いと言うが、尚の中に少しでも迷いがあるなら辞めたほうが良いと言う。

侑市は尚に、学生向けに自分の病気について話してほしいと依頼。自身の病気について大学で発表することになった。

尚はアドバイスをもらいながら、現行を書き終えるが、真司は急な取材が入り尚が一人で行くことに。

しかし、尚が話し始めようとした瞬間、突然倒れ病院に搬送されることに。連絡を受け、真司が病室に着くと公平が尚とキスをしている・・公平を押しのけて尚に語り掛けるが、尚は真司の顔を見て「誰・・?」とつぶやく・・。


スポンサードリンク

小池徹平

6話に登場した小池徹平。尚と同じ若年性アルツハイマー患者である公平を演じたが、その演技が視聴者から反響を呼んでいる。

病気が発覚した途端、妻に去られ、生きがいである仕事も失いそうになっていた公平。一見子供好きで、笑顔が爽やかな好青年の公平だったが、その裏に深い闇を隠し持っていた・・。

尚と真司の仲を邪魔する小池の演技に、視聴者から「怖い」「サイコパスすぎる」と声が殺到。

小池と戸田はドラマ「リバース」で恋人の役で共演。

小池は蕎麦アレルギーが原因で蕎麦入りはちみつコーヒーを飲んで死んでしまう役だった。そのためネットでは「蕎麦はちみつ飲ますぞ」「邪魔すんな」とリバースにちなんだコメントで反響を呼んでいる。



スポンサードリンク



他の記事もぜひご覧ください!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする